読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りゅかぶろぐ

スマブラ4攻略ブログ

下投げ空上1

下投げ空上および下投げからのコンボについて

 

スマメイトからコピペ

 

【目次】

  1. 基本情報
  2. 撃墜に関して
  3. 連携
  4. 相手側がやるべきこと

 

 

【基本情報】

下投げ後のリュカの行動可能Fがあまりにも早いため、相手が空中回避できる前に、序盤中盤は空中技全種と踏み台,終盤は空上と空前が確定します。

下投げ空上撃墜%に於いてもベク変を見てからリュカ側が空上を刺せるため、リュカのジャンプ->空中ジャンプで届く吹っ飛びまでなら択にならず確定。

(でも自分も最近ようやくできるようになったので難易度はそこそこ高め)

 

 

【撃墜に関して】

例:対マリオ

上投げ撃墜%:リュカ0%なら145%で撃墜

          100%なら121%

          150%なら105%

下投げ空上撃墜%: リュカ0%なら111%~146%

             100%なら96%~113%

             150%なら86%~90%

 

マリオの場合はほかほか補正なしで111%~146%の間で下投げ空上をヒットさせると撃墜。ベク変を誤ると少し死期が早まります。

下投げ空上の範囲外になったら少しの安全%を経て上投げ撃墜%になります。

ほかほか補正と相手キャラの落下速度や喰らい判定によって下投げ空上の確定帯が著しく狭くなり、上投げ撃墜との間の撃墜できない%も増えます。

キャラによってはほかほか補正MAXだと確定帯が数%、あるいは存在しません。

上投げ撃墜はほかほか補正によってかなり早くなります。

 

 

【連携】

リュカ使い向けにいくつか紹介します。

 

▼下投げ->空N->(空N)->空上or空前

序盤のコンボ。

お手軽かつ火力が高い。空NをHSずらされると入りませんが、甘いHSずらしに対しては自分もそれに沿って空中移動すると最終段まで当たります。

空上か空前かの選択はベク変確認と落下速度によって変えると吉。

 

▼下投げ->空上

0%~146%まで確定(対マリオ自0%)。

各%によって適切な事前行動をとることで、相手のベク変に対応することができます。

これはリュカ使いによってまちまちですが、自分の場合は

 ① 0~30%:下投げ後少し歩きつつベク変見てからJ空上

 ② 30~50%:下投げ後その場でベク変見てから空J空上

 ③ 50~90%:下投げ後斜め前80°方向にSJ->ベク変見てから空J空上

 ④ 90%~:下投げ後斜め前80°方向にJ->ベク変見てから空J空上

という具合にやってます。

 

▼下投げ->空後

40%~70%くらいが狙い目。重量級や暴れの弱いキャラに割と有効。

下投げ後、振り向いてジャンプする必要あり。相手のベク変確認と空後をメテオ当てにするのが難易度高め。

しかし空後メテオからは相手の行動次第で再度掴んだり火力を取れるため、単純に空上するよりも優秀である場合があります。

 

▼(崖際)下投げ->空後メテオ

40%~100%くらいが狙い目。マリオの下投げ空前メテオっぽい。

内側ベク変されると撃墜できませんが、特定%では2択を迫ることも可能(詳細は割愛)。

外側ベク変されたら確実にメテオできるようにリュカ使いは練習しておくべき。

 

▼下投げ->(空N)->踏み台空下ダウン連

0%~30%くらいが狙い目。ゲッコウガフォックスヨッシープリンには非確定で他にも空中制動の良いキャラには入らない可能性高し。

逆に、リュウガノン,シーク,ロイ,メタナイト辺りのキャラはとてもやりやすい。

空Nを入れると難易度は下がるがずらしに弱いので一長一短。

起き上がりに空上×2するだけで40%取れ、さらに踏み台ダウン連を狙うと相手の操作に依存せず80%持っていける可能性も秘めている。

下投げからベク変確認して直接踏み台を狙うのはおそらくリュカの連携の中で一番難しく、自分はオンラインではできません。

 

▼下投げ->SJ即急降下->(空中回避狩り)上スマ

80%~90%くらいが狙い目。

相手の空中回避読みで上スマ撃墜を狙う択。SJは釣り行動。

相手側が空中回避をする必要性が全くないので所謂初見殺しネタ。喰らってくれたら撃墜アピール。

 

 

【相手側がやるべきこと】

基本的に全ての連携に対して空中回避が間に合わないため、空中回避するべきではありません(回避後隙に手痛い反撃を貰わない為)。

しかし、下投げ空上撃墜%に於いてはその限りではないです。

 

▼序盤

高確率で空Nが来るので気合を溜めてHSずらしの準備をしておくべし。この技はX並みにずれます。

リュカのジャンプ上昇中の空Nは下,それ以外はリュカの後ろ側にHSずらししましょう。空Nはリュカの向いている方向に飛ばすため、後ろ側にずらすことでリュカの慣性を後ろにさせる目的です。こうすると仮に抜けられなくても確定連携をミスらせることができる場合があります。

下投げから直接踏み台ダウン連を狙われる場合、なるべく場外に逃げられるようにスティックを倒します。

空中移動の悪いキャラがステージ中央で下投げされた場合は、しばらくコンボが続くのでコントローラーから手を離しても大丈夫です。

 

▼中盤

空後メテオが来る場合に備えてベク変と受け身の準備をしましょう。

また空後メテオ後の跳ね返り時は即座に空中回避や暴れができるので、空後メテオ->空上の浪漫コンボは全く確定していません。

 

▼下投げ空上撃墜%

基本的にリュカ側のミス待ち。

内側,外側ベク変と無変更の3択の吹っ飛びで相手のミスを誘います。

内側ベク変をすると外側ベク変に比べて高さが出るため早めに確定帯を逃れられます。ほかほか補正が乗っている場合は特に重要なポイントです。

しかしこの判断を誤ると、外側ベク変した場合に生き残れた%でも撃墜されるので注意が必要です。

下投げ空上撃墜%と上投げ撃墜%の間には、キャラによりますが数%~十数%の非確定帯が存在します。

その%に於いてはジャンプ安定です。下手に空中回避すると回避の後隙に空上が刺さります。

また崖際では前後投げでも撃墜できるためそちらの注意も忘れないように…。